子どもに保険は必要?

 

家計のご相談をお受けすると、「子どもに保険は必要ですか?」と質問されることがあります。

実際に、お子さまを被保険者(=保険を掛けられている人)として、死亡保障の保険や医療保険に加入されている人もいます。

 

子どもの保険は、必要なのでしょうか?

 

 

死亡保障の保険は必要?

 

死亡保障の保険とは、「被保険者」が亡くなったときに、保険金を受取る保険です。

これは、被保険者が亡くなったときに、お金に困るときに加入するものです。

 

子どもにもしものことがあると、精神的なダメージはとても大きいと思いますが、感情を考えず、お金のことだけを考えると。

「お金には困らない」という人がほとんどでしょう。

 

特別な事情がないかぎり、子どもの死亡保障はいらないと思います。

 

子どものためにお金を積立てたいと、積立型の保険に加入した方。

「被保険者」が子どもになっていませんか?

この場合は、見直した方がいい可能性大です。

 

 

医療保険は必要?

 

医療保険とは、「被保険者」が入院や手術をしたときに、保険金が受取れる保険です。

通院保障がつけられる保険もありますが、通常は入院後の通院しか保障されません。

 

ですので、子どもに医療保険が必要かは、子どもが入院や手術をすることになったときに、お金に困るかを考えます。

 

 

子どもの入院でお金がかかる?

 

子どもが入院しても、健康保険や「子どもの医療費助成制度」により、たとえば、東京23区では、15才までは入院費は無料です。

千代田区や北区では、18才まで無料です。

 

少なくとも、「子どもの医療費助成制度」が使えるうちは、子どもが入院してもお金に困らない人がほとんどでしょう。

このような方は、子どもの医療保険は不要です。

 

ただ、「子どもの医療費助成制度」は、地域格差により、内容や収入などの要件が自治体によって違います。

お住まいの地域の「子どもの医療費助成制度」については、自治体ホームページなどでご確認ください。

 

 

「子どもの医療費助成制度」が充実していない地域の方は

 

上記のように、医療保険は、外来での診療のみでは使えません。

子どもの入院率は、厚生労働省によると、次のようになっています。


子どもより親の方が、入院する確率は高くなっています。

よほど家計に余裕があるのでなれば、子どもの医療保険よりも、親がきちんとした医療保険に加入した方がいいでしょう。

 

 

もちろん、お子さまの健康状態などにより、事情が違う人もいると思います。

ただ、家計の予算には限りがある人がほとんどだと思いますので、保険もできるだけ効率的にすることをおススメします。 

*お電話でのお問い合わせ* 

 (受付時間 8:3020:00  

09097309178

 

*メールでのお問い合わせ* 

 

 

 Facebookでの友達申請をお受けしています!

はなFP事務所では、代表の「松本喜子」へのFacebookでの友達申請をお受けしています。

次の情報を知りたい!という方は、ぜひ友達申請をしてください!

 

Facebookにだけ投稿される情報もキャッチしたい

 ・講座やイベント情報を知りたい

 ・コラムの更新を知りたい

 ・松本喜子がどんな人か知りたい

(松本のプライベート情報をアップすることもあります)

 

貴重な情報をご提供しますので、いたずらな申請を防ぐために、申請の手順があります。

 

詳しく見る