保険には入った方がいいの?

 

 

ファイナンシャルプランナーとしてご相談をお受けしていると、「生命保険には入った方がいいんですよね?」とよく聞かれます。

 

または、親などの周りの人に言われたから、保険の営業さんに言われたからと、当たり前に生命保険に入っている方も多くいます。

 

 

確かに、生きていると、事故やケガ、病気などのさまざまなリスクが、ある日突然おこります。

家族がいると、それが不安になりますよね。

 

 

でも、不安だから保険に入るとなると、言われるがままに、たくさんの保障をつけてしまいがちです。

 

そうなると、保険料が高くなって将来のための貯蓄ができなくなったり、今は保険料は安いけど今後どんどん高くなる保険に入ったり。

 

よく見ると、ご自分のイメージと違う内容の保険に入っていた!というケースが多くみられます。

 

 

保険は「病気やケガ、死亡などの人に対するリスクにお金で備えるもの」。

あくまで、備えておく必要のある場合に、貯蓄などの他のお金では不足する場合に入るのが保険です。

 

つまり、生命保険が必要かどうかのポイントは、

 

①病気やケガ、死亡などの万が一のときに、お金の備えが必要か?

 

②その備えは、貯蓄などでは不足しているか?

 

2点です。

 

 

①については、たとえば、

 

・夫(妻)が万が一亡くなっても、実家に戻れるから生活費はさほどかからないし、自分は正社員としてずっと働ける

 

  ⇒死亡保障はあまりいらないのでは?

 

・病気やケガで入院して、1日あたり1万円ほどかかっても、今どきあまり長く入院させてもらえないから、数万円しかかからないだろう。そのくらいならいつでも貯蓄から出せる

 

  ⇒1入院○○円という入院保障はあまりいらないのでは?

 

 

②については、たとえば、

 

・夫(妻)が万が一亡くなったときは、親が生活費を支援してくれる

 

  ⇒死亡保障はあまりいらないのでは?

 

・ガンなどになって、健康保険の使えない手術を受けて、一度に数100万円の医療費を請求されたら、支払えないかもしれない

 

  ⇒ガンなどになったとき、または健康保険の使えない手術を受けたときに、一時金がもらえる医療保障は必要では?

 

 

このように、保険が必要かどうかは、「あなた」の環境や家計状況などによって違います。

 

「あなた」にはどんな備えが必要かを考え、その備えが貯蓄など他のお金だけでは不足なら、保険の加入が必要となります。

 

 

なお、貯蓄など他のお金だけでは不足するかどうかは、「あなた」の将来設計によります。

 

お金の将来設計である「ライフプラン」を作ると、万が一のときにお金が不足するかどうか、もし不足するとしたらどのくらい不足するかを、かなり正確に見ることができます。

 

ライフプラン相談もお受けしていますので、一度ご自身の将来を考え、その中で保険も含めたお金のムダ・無理がないか見てみましょう!

*お電話でのお問い合わせ* 

 (受付時間 8:3020:00  

09097309178

 

*メールでのお問い合わせ* 

 

 

 Facebookでの友達申請をお受けしています!

はなFP事務所では、代表の「松本喜子」へのFacebookでの友達申請をお受けしています。

次の情報を知りたい!という方は、ぜひ友達申請をしてください!

 

Facebookにだけ投稿される情報もキャッチしたい

 ・講座やイベント情報を知りたい

 ・コラムの更新を知りたい

 ・松本喜子がどんな人か知りたい

(松本のプライベート情報をアップすることもあります)

 

貴重な情報をご提供しますので、いたずらな申請を防ぐために、申請の手順があります。

 

詳しく見る